介護業界で正社員として働くメリットとは?!介護職の良さを知る!!

介護職は、直接人の手助けをする仕事で人の役に立てる喜びを感じることができます。ここでは、正社員の介護職員として働く良さについてご紹介します。介護業界に興味のある方は、是非、就職する際に役立ててみて下さいね。

介護職員になるメリット

介護 求人 神奈川,有料老人ホーム 神奈川

介護職とは

日本で高齢化社会が進行している今、介護の仕事需要は年々大きな高まりを見せています。そんな介護職の具体的な仕事内容と言うのは、主に高齢者や身体不自由者の身の周りのサポートが中心です。利用者の生活全般の介助はもちろん、散歩や買い物の援助、行事やレクリエーションの実施、利用者家族への介護方法アドバイス等、介護職では利用者が快適に生活できる事や家族のサポートも大切な仕事になります。常に介護職員は、人と接しながらサポートしていく仕事になるので、相手との日々のコミュニケーションの中で、色々と仕事に対してやりがいを感じながら勤務している職員は沢山います。

豊富な介護士求人がある

現在、超高齢化社会になりつつある日本では、介護職員の人材が追い付いていない状況です。なので、介護職員求人の数は多く、就職先の候補が沢山あります。年々増加傾向を辿っている利用者に対し、介護職員数が追い付いていない為、職探しで求人が無くて困ると言う事がありません。要介護の利用者人数は、2025年にピークを迎えると予想されており、ピーク時には介護職員が約30万人不足すると言われています。働く場所によっては資格が必要な場合もあるので、介護の入門資格である介護職員初任者研修資格を取得しておくと、就職に有利に働きます。

主婦にとっても経験を活かせる最適な職場

これは、女性の場合になりますが、子育てや家事経験と言うのは、実は介護の仕事にとって立派な経験になります。特に、訪問介護で介護士として働く場合、利用者の生活支援では身の回りの家事業務も仕事の一つなので、今までの自分の家事経験を活かす事ができます。また食事介助に関しても、子育ての離乳食時の経験を活かす事ができます。なので、子育てが一段落して再就職を検討している主婦にとっても介護職はお勧めで人気の職場になっています。

正社員として介護職員で働くメリット

介護 求人 神奈川,有料老人ホーム 神奈川

自分の収入が安定する

正社員として介護職員で働く場合、給与は月給制の場合が殆どなので、毎月安定して収入を得る事ができ、自分の生活が安定します。また、正社員になると厚生年金や社会保険にも加入する事ができるので、そう言った側面も安心です。自分の年収がしっかり安定する事で、非常勤職員と比べて銀行やクレジットカード会社等の審査が通りやすくもなります。また、毎月の給与予測を立てる事ができるので、収入計画等も立てやすくなります。

社員研修や資格取得サポートがある

就職先の施設によっては、正社員になる事で内部研修はもちろん、外部研修にも参加させてもらえる場合もあり、色々な介護知識や経験を得る機会が増える為、自分のスキルアップにも繋がります。また、将来的にキャリアアップを目指す事ができる、介護福祉士やケアマネージャー等の資格取得勉強会が開催されたり、資格取得の受験費用を負担してくれたりする所もあります。なので、自分のキャリアアップを見据えている人にも大きな魅力です。

賞与支給や福利厚生の充実

多くの施設では、正社員に対して賞与支給がなされています。夏冬を合わせて基本給5ヶ月分のボーナス支給を行っている施設も中にはあります。この賞与支給は自分の年収アップにも繋がるので、これは正社員として働く大きな魅力と言えます。なので、介護職で求人情報を見る際には、賞与支給の有無についても確認しておくのがポイントです。

介護士のキャリアステップの道

介護 求人 神奈川,有料老人ホーム 神奈川

介護士から介護リーダーへ

介護現場で介護スタッフとして数年勤務すると、介護リーダーへステップアップする事ができます。介護リーダーになると、現場チームのまとめ役となって管理職と介護士との分岐点のポジションになります。利用者に対する介護サービスはもちろん、チームスタッフ管理、施設長等のマネジャーと協業し、利用者にとってより良い施設運営を考えて作っていく仕事になります。3~5年程度の介護士経験を経た後、施設側からリーダーへ昇格する場合が多いです。

介護士から介護リーダーを経て施設長へ

介護リーダーの経験を経た後、施設長に上りつめる事もできます。施設長と言うのは、利用者確保やスタッフ全体のマネジメント、売上管理、予算策定等、施設運営を担っています。複数施設を運営している事業体では、施設長を経た後にエリア全体の運営を担って、エリアマネジャーや本部管理部門等に、自分をキャリアアップしていく事も可能性です。

介護士から介護リーダーを経てバックオフィスへ

介護士から介護リーダーの経験を経て、施設のバックオフィス業務にキャリアチェンジする事もできます。人事として施設スタッフ採用や労務管理を行い、利用者を確保する為の宣伝を行ったり、施設運営を考える仕事に就いたりする事も可能です。介護士として利用者と接した経験、介護リーダーとしてチームマネジメント、より良い施設運営を考えた経験等、全てをバックオフィス業務に活かす事ができます。

介護士から介護リーダーを経て専門職へ

介護のプロとして仕事を行う場合には、その道の専門職の道に進むと言うキャリアの道もあります。専門職として介護支援を必要とする人と深く関わり、今まで積んできた経験を活かして講師として発信する事ができるので、後進育成にも繋がるのです。

働きながら取得できる介護資格

介護 求人 神奈川,有料老人ホーム 神奈川

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の基礎知識や技術があると言う事を証明できる入門資格です。この資格は、採用時に関しても大きく有利に働いたり、給与面で優遇されたりする場合もあります。最短一ヶ月程度で資格取得可能なので、これから介護職を目指す人にも為になる資格です。

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修は、介護職員初任者研修の次に取得できる資格です。この資格があると、介護サービス提供の責任者として働く事ができ、医療的ケアの一つであるたん吸引スキルも習得して身に付ける事ができます。今後、介護福祉士を目指すには、介護福祉士実務者研修の修了は必須になるので、介護職でステップアップをしていく事を考えている人であれば取得したい資格です。

介護福祉士

介護福祉士は介護職資格の中で唯一の国家資格になっています。介護職の最上位にあたる資格で、資格取得に関して難易度は高めになっています。資格取得の方法には、介護福祉士実務経験ルート、福祉系高校ルート、養成施設ルート、これらの3タイプがあるので自分にはどれが合っているか見てみましょう。介護職員として働きながら資格取得を目指す際には、介護施設での3年以上の実務経験と実務者研修修了、この2つの条件をクリアしている事で国家試験を受ける事ができます。

介護支援専門員

介護支援専門員は、ケアマネとも言われています。介護保険制度に基づいて、要介護者の心身状況や周囲環境等に応じて、介護サービスを利用する事ができるよう、ケアプラン作成を行います。利用者にとって最適な介護サービスを数あるサービスの中から選択し、利用者やその家族へ提案・実行していきます。仕事内容に付いては、ケアプラン作成はもちろん、利用者が事業所に直接言いづらい要望等に関しても、代行してケアマネージャーが事業所に意見を伝える事もできます。この資格は、専門性の高い資格であり長期実務経験が必要になります。

介護事務

介護事務の資格は、介護保険に関する知識はもちろんのこと、PCスキル(ワード・エクセル)や経理業務の知識などを学び、介護サービス施設や事業所などへ勤務する上で活かすことができます。